トピックス

【講演】SURGE Kyoto 2018 「大規模集積回路の開発事例紹介」の紹介

LSI設計事業部の大川と申します。アナログ設計を担当しております。
2018/11/2(金)にSILVACO社が主催するSURGE(Silvaco UseRs Global Event) Kyoto 2018において「大規模集積回路の開発事例」について講演をさせていただきました。

日時:2018/11/2(金) 13:00 – 18:30
場所:京都市下京区東塩小路町721-1 京都タワーホテル9F

アナログ回路メインのミックスドシグナルICとしては大規模の開発事例で、通常とは違う設計手法で効率化や集積率の向上を行った事例の紹介になります。

通常とは異なる設計手法のため聴講していただく方の参考にはならないため、退屈をさせてしまうのでは と心配しておりましたが、私の想像以上に反響があり、うれしく思います。

また、交流会では同業種・異業種の様々な方と交流が持て、有益な時間が過ごせました。当日ご来場いただいた皆様には感謝を申し上げます。

今後も同様の機会があれば、また登壇させていただきます。
当日のプレゼン資料ですが、SILVACO社を通して配布をさせていただいております。ご希望の方はSILVACO社までお問い合わせくださいませ。

それではまたお会いしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。