FPGA開発

豊富なミックスド・シグナルICの開発経験をコアとした当社のFPGA開発ソリューション。
微細化が進むにつれ、ICやLSIの開発には膨大な開発費用が必要になります。ASIC化前にFPGAによりファンクション機能を確認し、お客様のアプリケーション評価を事前に済ませておくことから、ASIC開発に伴うリスクを低減することができます。

FPGA開発フロー

FPGAフロー

要求仕様

お客様より要求仕様を提示いただきます。

仕様設計

お客様より頂いたご要望から、実現性検討を行い、機能仕様書、ブロック仕様書などの詳細仕様を作成します。

RTL設計

詳細仕様を基に、HDL(ハードウェア記述言語)により論理回路を記述します。特別な指定が無い限り、Verilog HDLによる開発となります。

検証

機能仕様に基づいてテストベンチを作成し、論理シミュレータを使って論理/機能検証を行います。

論理合成/配置

デバイスの要求速度や周辺デバイス間のインターフェースを考慮し制約を決定します。また、作成したRTLと制約からFPGA用のネットリストを生成します。

FPGA基板実装

完成した設計データ(ネットリスト)を、基板上のFPGAやコンフィギュレーションROMへ書き込みを行います。

実機検証

FPGAの実機を使用して動作検証を行います。FPGA仕様の確認のほか、システム確認についても実施できます。

対応FPGAデバイス

Intel(Altera), Xilinx等ご相談ください。

使用言語

  • Verilog-HDL
  • VHDL

開発実績

  • 信号処理
  • 暗号化処理
  • フィルタ
  • デジタルIF(I2C, SPI, UART 等)