トピックス

ビジネスに直結!! 第2回 東京工業大学・横浜銀行連携 新技術マッチング会

newcomer

設計営業のすがやんです。

近年、産学連携に取り組まない大学は無くなっています。
「これからの時代における本格的な産学官連携共同研究を推進する視点及び環境整備(中間まとめ)」の中で、「基礎研究、応⽤研究から企業における実⽤化に⾄るまでの橋渡しを視野に⼊れて、⼤学の研究成果のイノベーションへの寄与度を向上させる。」と謳われています。
今回、民間と大学とのマッチングイベントである「第2回 東京工業大学・横浜銀行連携 新技術マッチング会」に参加しましたのでレポートします。

技術シーズの活用
「第2回 東京工業大学・横浜銀行連携 新技術マッチング会」は、東京工業大学の知的財産や技術を企業のビジネス創出に活用してもらおうと2月12日に大岡山キャンパスで開催されたイベントです。
当日は、主催者である横浜銀行様より開会の辞をいただき、先生方から非接触給電システムから超音波センサ・ウェアラブル筋電計にいたるまで全8つのテーマの講演が行われました。
どの講演も、ニーズ・シーズ・アプリケーションの3点が含まれいて、先生の提唱する応用(ウォンツ)だけでなく、参加各社が持つ自社技術との融合を検討しやすいような内容でした。
講演タイトルにはプラズマ・⾮接触レオロジー・フェイズドアレイ式超音波センサなど難しい用語が多数ありましたが、非常に分かりやすく気が付けばノート3ページに渡りびっちりとメモを取っていました。

バックアップと大学発ベンチャー
今回のマッチング会では、名刺交換をする時間と商談ブースが用意されています。私も4人の先生と名刺を交換し接点を持つことができました。こうして接点を持った先生と企業を「東京工業大学 研究・産学連携本部」がバックアップしてくださるそうです。また、産学連携本部が大学発のベンチャーの支援も行っていて本会でもベンチャーのMedvigilance社の講演がありました。弊社はこの名刺交換会をきっかけに訪問することができました。これから、一緒にビジネスを進めていけたらいいなと思っています。

講演テーマご紹介
移動体および可動部への⾮接触給電システム
⼤気圧マルチガスプラズマ照射装置とその利⽤法
⾮接触レオロジー特性評価装置
農産廃棄物からの⾼付加価値化学資源の⽣産原亨和もみ殻等の農産廃棄物から⾼付加価値ポリマーの原料を選択的に⽣産するプロセス。

⼩型軽量で⾼速駆動が可能な平⾏グリッパ式把持装置
⼩型軽量で2段階のスピードとトルクを持つアクチュエータ
フェイズドアレイ式超⾳波センサを⽤いた計測装置
⼒と動きを瞬時に可視化するウェアラブル筋電計

第2回 東京工業大学・横浜銀行連携 新技術マッチング会
https://www.titech.ac.jp/company/event/2019/045914.html

終わりに
新技術マッチング会にお招き頂いた横浜銀行様に感謝さしあげると共に非常に素晴らしい講演をいただけた先生方に感謝申し上げます。

ライター
すがやん
1977年生まれ、某大手半導体会社でSOCのFAE・マーケティングを経験。
好きな物はアジフライ。先日も、デパートでアジフライを物色。

写真提供
http://photozou.jp/
LICENSE: CC BY-SA 2.1 JP

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。